幹細胞3D培養で、数百倍早い培養が可能に!

幹細胞立体培養

従来の2D(平面)培養だと、細胞は横にしか増えないので増殖上限があります(頭打ちということ)。生体内は当然3D(3次元、立体構造)なので、生体環境に近い3D培養法だと増殖スピードが早く上限値も高いのです。

立体培養 幹細胞

幹細胞培養が早ければ、採取する幹細胞が少量でも培養可能

脂肪と皮膚を比較すると脂肪の方が幹細胞は多いです。ただ脂肪吸引をしないと適量の脂肪は採取できません。3D培養法だと増殖スピードが数百倍はやいので、初期細胞量が少なくてもすぐに追い抜かしてしまいます(3D培養はハンデをもらっても余裕勝ち)。皮膚採取は患者様の負担が少なく(痛み、時間)、初期細胞採取としては最適です。

立体培養 幹細胞

一般的な脂肪採取ではないので疑問に感じる方もいらっしゃると思いますが、3D培養という高度な培養技術があるので、皮膚からでも培養可能なのです。当院では脂肪吸引が不要な細胞採取法を採用しています。

幹細胞1週間で細胞採取,幹細胞投与が可能に!

当院の特徴である「3D培養&皮膚採取」で、患者様に負担の少ない高度な幹細胞治療が提供できるのです。

幹細胞動物由来がはいっていないヒト幹細胞用無血清培地を使用!

立体培養 幹細胞 動物由来の培地では、未知の感染症に対する危険性がありますので、当院ではアニマルフリーの無血清培地を使用しています。