当該治療は公的医療保険適応外になります。治療法:褐色脂肪を用いた減量治療。

治療内容:褐色脂肪分化誘導剤を皮下組織に注入し現存する褐色脂肪を活性化させる方法。副作用:注射部疼痛、発赤、アレルギー等。費用:33万円税込

治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療前
治療前
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療前
治療前

※モニター患者の体重変化グラフを記載しています。

【治療名】褐色脂肪を用いた減量治療(当該治療は公的医療保険適応外になります)
【年齢・性別】43歳男性
【治療期間】2020/7/10-2020/8/10
【施術の説明】両側鎖骨のあたりに注射で分化剤を注入します
【治療内容】褐色脂肪分化誘導剤を皮下組織に注入し現存する褐色脂肪を活性化させる方法
【施術の副作用(リスク)】注射部疼痛、発赤、アレルギー等
【施術価格】33万円<税込>
【体重変化】治療前74.8kg→治療後63.9kg
【腹囲変化】治療前94.5cm→治療後82.7cm

20211005_返金_pc

嫌われる「脂肪」ですが、実は人の体には脂肪が2種類存在します。

ひとつは「白色脂肪」と呼ばれる、 脂肪滴を蓄える(従来イメージ通りの)脂肪。

もうひとつが「褐色脂肪」と呼ばれる脂肪を燃焼させ減量していく脂肪。

※顕微鏡下の褐色脂肪

褐色脂肪は10代をピークに年齢とともに減少します。褐色脂肪が減ると、

基礎代謝がガツンと減りますので、太りやすい体質に変化していくのです。

褐色脂肪は30代ぐらいまでは高い活性が維持しています。

それが40代ぐらいから劇的に褐色脂肪の量・活性とも低下していきます。

「年取って代謝が悪くなった」とよく聞きますが、その原因はまさに褐色脂肪の劣化なのです。

0817_第一段階_pc

体重60Kgの方がウォーキング1時間しても180Kcalにしかならないのです。

毎日1時間のウォーキングは、忙しい現役世代には難しいのではないでしょうか?

40〜50代中年だと男女ともに、20歳の頃と比べて基礎代謝が 200Kcal減っています。 

この200Kcalの差が若い時との差で、褐色脂肪を補充すれば解決するのです。

注)精神的健康等も含めて運動自体は推奨されます。ただし減量目的に限ると非効率です

褐色脂肪は、寒冷刺激・カプサイシン刺激・肩甲骨マッサージなどで一瞬活性化します。

でも効果は一瞬です。一日中活性化してくれないとダイエット効果はないのです。

* 厚生労働省届出番号 #FC3180091

褐色脂肪の活性・量が減った成人は、肥満の道を突き進みます(図表下段)。

思いがけず、肥満の道に入ってしまった方を対象に、

褐色脂肪を増やす事で、上段の痩せやすい体に、移行させるのです。

Journal of Japanese Biochemical Society 89(6): 917-920 (2017)
褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
米代 武司,梶村 真吾, カリフォルニア大学サンフランシスコ校糖尿病センター

周囲,鎖骨上窩部,腋下部,傍脊椎部などである(図1).このうち,肩甲骨間のBATの遺伝子発現パターンはマウスの古典的褐色脂肪細胞とよく似ていることから,ヒト肩甲骨間のBATは古典的褐色脂肪細胞により構成されていると考えられている.この肩甲骨間BATは新生児や乳幼児で認められるが,成人では認められない.成人のBATは鎖骨上窩下部や腋下部,傍脊椎部に分布している(図1).著者らのグループは,成人の鎖骨上窩部のBATから単一クローンに由来する細胞株を樹立してトランスクリプトームを解析し,その遺伝子発現プロファイルがマウスベージュ脂肪細胞と酷似していることを明らかにした.これらの事実から,成人が持つBATは主にベージュ脂肪細胞により構成されていることが示唆された.このことは,成人のBAT活性が夏に最小になり,冬に最大になる,すなわち誘導性および可塑性を持つという事実によっても支持される.なお,ヒトでは,褐色脂肪細胞で構成される組織と,ベージュ脂肪細胞で構成されている組織の両者が総じて“BAT”と呼ばれている点には注意されたい.
FDG-PETでは,糖取り込み活性を指標にBATの代謝活性を定量的に評価することができる.ヒトBATの代謝活性は加齢とともに徐々に低下するが,その機能低下速度は,褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞の間で大きく異なる.前述のように,古典的褐色脂肪細胞で構成される部位(肩甲骨間など)のBATは新生児では豊富に存在するものの,乳幼児期以降に急速に退縮し,青年期以降ではほぼ認められなくなる(図1).それに比べ,鎖骨上窩部などのベージュ脂肪細胞で主に構成される部位のBATにおける加齢変化は緩やかである.たとえば日本人の場合,成人した時点で約50%の人で鎖骨上窩部および傍脊椎にBATが検出され,50代でも10%程度の人で保持されている.以上を踏まえると,肥満予防のためのターゲットとしては,肩甲骨間のBAT(古典的褐色脂肪細胞)よりもむしろ,鎖骨上窩部などのBAT,すなわちベージュ脂肪細胞が第一候補となる.

黒い着色部がBAT優位。左細身者、右肥満者

N Engl J Med. 2009 Apr 9;360(15):1500-8. doi: 10.1056/NEJMoa0808718.

Cold-activated brown adipose tissue in healthy men.  W.D.M Lichtenbelt

青い点が褐色脂肪を示す。左は細身若年者、中は若年肥満者、右は中年肥満者

Martínez-Téllez, et al. The impact of using BARCIST 1.0 criteria on quantification of BAT volume and activity in three independent cohorts of adults. Scientific Reports. 8. 10.1038 (2018)

画像の方がわかりやすいので、論文から抜粋してますが、中年肥満者の筆者(43歳、元75Kg)にとっても残酷な現実です。

太れば太るほど褐色脂肪活性は劇さがりし、年齢にも比例して褐色活性が落ちます。これまた残酷な現実データです。

当院でも肥満治療や糖尿病をしていると、「食べてないんですけど太ります」という方がいらっしゃいます。

「どうせ隠れてお菓子食べてるんでしょ」という声も聞こえてこなくもないですが、

本当に摂取カロリーは低くても太る人が意外とたくさんいます。

私の診療実感としては2-3割いらっしゃる気がします。

肥満者では、皮下組織におけるノルアドレナリンの分泌が異常に低い*ことが知られています。

褐色脂肪や中間体のベージュ脂肪はノルアド刺激がなくなると、白色脂肪に分化してしまうので、

定期的なノルアド分泌刺激が必要になります。

すでに肥満の方の場合、皮下組織におけるノルアド濃度はかなり減少しており、

白色脂肪からエネルギー放出する信号も伝わらず、白色脂肪は脂肪滴を溜め込んだまま反応しなくなります。

これが慢性肥満の原因です。そこで皮下白色脂肪にノルアド刺激を与えてあげて、

脂肪滴を減らしてエネルギー放出する体制を整えます。

* Neurosci Biobehav Rev. 2009; 33(2): 116–124. Sympathetic Nervous System Behavior in Human Obesity. Kevin P. Davy

実は病名(症候群)としても学会では認識されており、

アメリカ肥満学会会長が唱えるMONALISA仮説=「交感神経低反応性肥満症」と呼ばれています。

アジア人には多いと言われている肥満原因なのです。

ヘレネクリニックでは、交感神経刺激薬を皮下組織に極々微量皮下*投与します。そうすると、

エネルギー放出シグナルが止まっていた白色脂肪たちが、

急に活動するようになります。動き出しさえすれば自律神経の乱れは改善し、脂肪燃焼が加速し始めます。

* 当該治療は公的医療保険適応外になります。治療法:褐色脂肪を用いた減量治療。

治療内容:褐色脂肪分化誘導剤ならびに交感神経刺激薬を皮下組織に注入し現存する褐色脂肪を活性化させる方法。

副作用:注射部疼痛、発赤、アレルギー等。費用:33万円税込

2007年3月 日本大学医学部卒業(医師免許番号:461258号)

2007年04月~2010年03月 日本大学医学部付属板橋病院
2010年04月~2011年04月 公立昭和病院 消化器外科
2011年05月~2012年03月 日大練馬光か丘病院 消化器外科
2013年04月~2015年03月 さくら総合病院 消化器外科
2015年04月~2021年4月 自由が丘メディカルプラザ副院長 消化器内科
2021年5月1日〜現在

【所属学会等】

・消化器外科学会
・消化器病学会
・腹部救急外科学会

治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療前
治療前
v

当該治療は公的医療保険適応外になります。治療法:褐色脂肪を用いた減量治療。治療内容:褐色脂肪分化誘導剤を皮下組織に注入し現存する褐色脂肪を活性化させる方法。副作用:注射部疼痛、発赤、アレルギー等。費用:33万円税込

治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療前
治療前
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後
治療前
治療前

※モニター患者の体重変化グラフを記載しています。

【治療名】褐色脂肪を用いた減量治療(当該治療は公的医療保険適応外になります)

【年齢・性別】43歳男性

【治療期間】2020/7/10~2020/8/10

【施術の説明】両側鎖骨のあたりに注射で分化剤を注入します

【治療内容】 褐色脂肪分化誘導剤を皮下組織に注入し現存する褐色脂肪を活性化させる方法

【施術の副作用(リスク)】注射部疼痛、発赤、アレルギー等

【施術価格】33万円<税込>

【体重変化】治療前74.8kg→治療後63.9kg

【腹囲変化】治療前94.5cm→治療後82.7cm

嫌われる「脂肪」ですが、実は人の体には脂肪が2種類存在します。ひとつは「白色脂肪」と呼ばれる、

脂肪滴を蓄える(従来イメージ通りの)脂肪。もうひとつが「褐色脂肪」と呼ばれる脂肪を燃焼させ減量していく脂肪。

通常は全身に300億個もの白色脂肪がありますが、過食などで肥満になると白色脂肪も肥大化し10倍まで大きくなります。

褐色脂肪は、鉄成分を含むことで茶色く見える特殊な脂肪で、この褐色脂肪の大きな特徴は、「脂肪を燃やして熱を生産」し、基礎代謝が上がり減量する、という機能があります。

褐色脂肪は10代をピークに年齢とともに減少します。褐色脂肪が減ると、基礎代謝がガツンと減りますので、太りやすい体質に変化していくのです。

褐色脂肪は30代ぐらいまでは高い活性が維持しています。それが40代ぐらいから劇的に褐色脂肪の量・活性とも低下していきます。

「年取って代謝が悪くなった」とよく聞きますが、その原因はまさに褐色脂肪の劣化なのです。

体重60Kgの方がウォーキング1時間しても180Kcalにしかならないのです。毎日1時間のウォーキングは、忙しい現役世代には難しいのではないでしょうか?

40〜50代中年だと男女ともに、20歳の頃と比べて基礎代謝が 200Kcal減っています。 この200Kcalの差が若い時との差で、褐色脂肪を補充すれば解決するのです。

注)精神的健康等も含めて運動自体は推奨されます。ただし減量目的に限ると非効率です

褐色脂肪は、寒冷刺激・カプサイシン刺激・肩甲骨マッサージなどで一瞬活性化します。でも効果は一瞬です。一日中活性化してくれないとダイエット効果はないのです。

* 厚生労働省届出番号 #FC3180091

褐色脂肪の活性・量が減った成人は、肥満の道を突き進みます(図表下段)。思いがけず、肥満の道に入ってしまった方を対象に、褐色脂肪を増やす事で、上段の痩せやすい体に、移行させるのです。

Journal of Japanese Biochemical Society 89(6): 917-920 (2017)
褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
米代 武司,梶村 真吾, カリフォルニア大学サンフランシスコ校糖尿病センター

周囲,鎖骨上窩部,腋下部,傍脊椎部などである(図1).このうち,肩甲骨間のBATの遺伝子発現パターンはマウスの古典的褐色脂肪細胞とよく似ていることから,ヒト肩甲骨間のBATは古典的褐色脂肪細胞により構成されていると考えられている.この肩甲骨間BATは新生児や乳幼児で認められるが,成人では認められない.成人のBATは鎖骨上窩下部や腋下部,傍脊椎部に分布している(図1).著者らのグループは,成人の鎖骨上窩部のBATから単一クローンに由来する細胞株を樹立してトランスクリプトームを解析し,その遺伝子発現プロファイルがマウスベージュ脂肪細胞と酷似していることを明らかにした.これらの事実から,成人が持つBATは主にベージュ脂肪細胞により構成されていることが示唆された.このことは,成人のBAT活性が夏に最小になり,冬に最大になる,すなわち誘導性および可塑性を持つという事実によっても支持される.なお,ヒトでは,褐色脂肪細胞で構成される組織と,ベージュ脂肪細胞で構成されている組織の両者が総じて“BAT”と呼ばれている点には注意されたい.
FDG-PETでは,糖取り込み活性を指標にBATの代謝活性を定量的に評価することができる.ヒトBATの代謝活性は加齢とともに徐々に低下するが,その機能低下速度は,褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞の間で大きく異なる.前述のように,古典的褐色脂肪細胞で構成される部位(肩甲骨間など)のBATは新生児では豊富に存在するものの,乳幼児期以降に急速に退縮し,青年期以降ではほぼ認められなくなる(図1).それに比べ,鎖骨上窩部などのベージュ脂肪細胞で主に構成される部位のBATにおける加齢変化は緩やかである.たとえば日本人の場合,成人した時点で約50%の人で鎖骨上窩部および傍脊椎にBATが検出され,50代でも10%程度の人で保持されている.以上を踏まえると,肥満予防のためのターゲットとしては,肩甲骨間のBAT(古典的褐色脂肪細胞)よりもむしろ,鎖骨上窩部などのBAT,すなわちベージュ脂肪細胞が第一候補となる.

黒い着色部がBAT優位。左細身者、右肥満者

N Engl J Med. 2009 Apr 9;360(15):1500-8. doi: 10.1056/NEJMoa0808718.

Cold-activated brown adipose tissue in healthy men.  W.D.M Lichtenbelt

青い点が褐色脂肪を示す。左は細身若年者、中は若年肥満者、右は中年肥満者

Martínez-Téllez, et al. The impact of using BARCIST 1.0 criteria on quantification of BAT volume and activity in three independent cohorts of adults. Scientific Reports. 8. 10.1038 (2018)

画像の方がわかりやすいので、論文から抜粋してますが、中年肥満者の筆者(43歳、元75Kg)にとっても残酷な現実です。

太れば太るほど褐色脂肪活性は劇さがりし、年齢にも比例して褐色活性が落ちます。これまた残酷な現実データです。

当院でも肥満治療や糖尿病をしていると、「食べてないんですけど太ります」という方がいらっしゃいます。「どうせ隠れてお菓子食べてるんでしょ」という声も聞こえてこなくもないですが、本当に摂取カロリーは低くても太る人が意外とたくさんいます。私の診療実感としては2-3割いらっしゃる気がします。

肥満者では、皮下組織におけるノルアドレナリンの分泌が異常に低い*ことが知られています。褐色脂肪や中間体のベージュ脂肪はノルアド刺激がなくなると、白色脂肪に分化してしまうので、定期的なノルアド分泌刺激が必要になります。

すでに肥満の方の場合、皮下組織におけるノルアド濃度はかなり減少しており、白色脂肪からエネルギー放出する信号も伝わらず、白色脂肪は脂肪滴を溜め込んだまま反応しなくなります。これが慢性肥満の原因です。

そこで皮下白色脂肪にノルアド刺激を与えてあげて、脂肪滴を減らしてエネルギー放出する体制を整えます。

* Neurosci Biobehav Rev. 2009; 33(2): 116–124. Sympathetic Nervous System Behavior in Human Obesity. Kevin P. Davy

実は病名(症候群)としても学会では認識されており、アメリカ肥満学会会長が唱えるMONALISA仮説=交感神経低反応性肥満症と呼ばれています。アジア人には多いと言われている肥満原因なのです。

ヘレネクリニックでは、交感神経刺激薬を皮下組織に極々微量皮下投与します。そうすると、エネルギー放出シグナルが止まっていた白色脂肪たちが、急に活動するようになります。動き出しさえすれば自律神経の乱れは改善し、脂肪燃焼が加速し始めます。

当該治療は公的医療保険適応外になります。治療法:褐色脂肪を用いた減量治療。治療内容:褐色脂肪分化誘導剤を皮下組織に注入し現存する褐色脂肪を活性化させる方法。副作用:注射部疼痛、発赤、アレルギー等。費用:33万円税込

2007年3月 日本大学医学部卒業(医師免許番号:461258号)

2007年04月~2010年03月 日本大学医学部付属板橋病院
2010年04月~2011年04月 公立昭和病院 消化器外科
2011年05月~2012年03月 日大練馬光か丘病院 消化器外科
2013年04月~2015年03月 さくら総合病院 消化器外科
2015年04月~2021年4月 自由が丘メディカルプラザ副院長 消化器内科
2021年5月1日〜現在

【所属学会等】

・消化器外科学会
・消化器病学会
・腹部救急外科学会

<外来診察>

褐色脂肪減量についてリスクも含めて詳しくご説明します。

<褐色脂肪分化剤注入>

両側鎖骨のあたりに注射で分化剤を注入します。痛みはあまり感じません。

<外来診察>

褐色脂肪減量についてリスクも含めて詳しくご説明します。

<褐色脂肪分化剤注入>

両側鎖骨のあたりに注射で分化剤を注入します。痛みはあまり感じません。

鎖骨のあたりに注射でお薬を入れていきますが、痛覚が鈍い場所なので、痛みはあまりありません。

培養室で培養に使う培地が主成分で、極少量の薬剤がミックスされています。薬剤へのアレルギーや注射後の内出血などが極稀に想定される合併症です。

鎖骨のあたりに注射でお薬を入れていきますが、痛覚が鈍い場所なので、痛みはあまりありません。

培養室で培養に使う培地が主成分で、極少量の薬剤がミックスされています。薬剤へのアレルギーや注射後の内出血などが極稀に想定される合併症です。

医療ガイドラインポリシー

当該治療は公的医療保険適応外になります。治療法:褐色脂肪を用いた減量治療。治療内容:褐色脂肪分化誘導剤を皮下組織に注入し現存する褐色脂肪を活性化させる方法。副作用:注射部疼痛、発赤、アレルギー等。費用:33万円税込

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×

×

×
×

×
×
×
×
×

×
×
×
×
培養映像
×
×
元厚生労働大臣細川律夫先生
×