C型肝炎(ハーボニー)

C型肝炎を完全に治療できる

Harvoni Sovaldi

Harvoni Sovaldi

治愈效果100%的丙肝治疗薬

Harvoni国内外第3相臨床試験の結果によると、SVR12率治療完成後少なくとも12週間は血液にC型肝炎ウイルスが検出されなかった(持続ウイルス学反応、またはSVR)。参加者のHCV感染は100%治癒されたことを表明しました。

治療歴、代償性肝硬変の有無、年齢及び投与前のNS5A耐性変異の有無にかかわらず

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス (HCV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。
HCVが血流を介して肝臓に浸入し、炎症(肝炎)を起こします。ほとんどがC型慢性肝炎となります。

慢性化すると20~30年後に高率に肝硬変、肝がんへ移行する。

C型肝炎は遺伝子の型(ジェノタイプ)により1a、1b、2a、2bの4つに大きく分類され、1bが日本人に多いとされ、ジェノタイプ1(1aと1b)はインターフェロンが効きにくいと言われています。

Harboni-SobarudiはC型肝炎に対してウイルス駆除率100%の新薬です。。

Harboniハーボニーは直接作用型抗ウイルス剤(Direct-actingAntiviral Agents:DAA)と呼ばれます。文字通り直接HCVに作用することで排除する薬です。
ハーボニーの成分であるレジパスビルは増殖に必須なタンパク質のうち”NS5A”の働きを抑え、ソホフスビルは酵素”NS5Bポリメラーゼ”の働きを抑える作用を持っています。これによりHCVの増殖が抑えられるのです。

著効率(SVR12)は100%
C型肝炎に対してウイルス駆除率100%

ハーボニーは米国ギリアド・サイエンシズ社から発売された、ジェノタイプ1型向けの、NS5B阻害薬「ソホスブビル」とNS5A阻害薬「レジパスビル」という2つの抗ウイルス薬を組み合わせた薬です。世界初インターフェロンを用いない、1日1回12週間服用する飲み薬です。    従来のインターフェロンとリバビリンの併用治療法に比べて重症な副作用見られず、持続的ウイルス学的著効率(SVR12)100%と言う画期的新薬です。

无重大不良反应

无重大不良反应

    主な副作用はそう痒症(3.2%)、悪心・口内炎(各2.5%)

三か月飲むだけで完全に治る

三か月飲むだけで完全に治る

ハーボニーの成分であるレジパスビル(Lesipasvir)は増殖に必須なタンパク質のうち”NS5A”の働きを抑え、ソホフスビル(Sofosbuvir)は酵素”NS5Bポリメラーゼ”の働きを抑える作用を持っています。

これによりHCVの増殖が抑えられ、完全に消滅できるのです。

bar

bar
薬剤費用
レジパスビル・
ソホスブビル配合錠
3カ月間の内服で薬剤費が約800万円

bar

お問い合わせ