HELENE CLINIEC
TOKYO LONDON EDINBUGH
TOKYO LONDON EDINBUGH

疾患一覧

間葉系幹細胞の投与で効果がみられる疾患

動脈硬化 糖尿病 免疫低下 膝の痛み 歯周病 毛髪再生 肌の再生 1型糖尿病 女性ホルモン失調(更年期障害) 神経変性疾患 男性勃起障害 老人性皮膚変化
ケンブリッジ大学 臨床微生物学教授
Professor Ravindra Gupta

Gupta 教授は Gupta 研究室を率い、分子レベル、集団レベルの両方で HIV 薬剤耐性について幅広く研究し、世界的な薬剤耐性の規模を評価することに貢献している。同グループの研究は、細胞、特にマクロファージにおける HIV のリザーバーの研究にも及んでいる。この理解は、マクロファージで HIV ウイルス複製が行われる解剖学的区画と、HIV を治療するための戦略設計の両方に関連するものである。グプタ研究室は、イギリスと南アフリカのダーバンにあるアフリカ健康研究所との間で活動しています。

2019 年 3 月、Gupta がチームを率いて、「非血縁」幹細胞移植後に進行したホジキンリンパ腫の HIV 陽性者、いわゆるロンドン・ペイシェントの HIV 寛解を実証したことが報じられた。HIV 耐性のあるドナーから骨髄移植を受けた後も、ロンドン・ペイシェントは HIV が「治癒」したままであった。HIV が治癒した患者の 2 例目である(Gupta et al,Nature 2019, Gupta et al, Lancet HIV 2020)。

経歴

  • ケンブリッジ大学免疫学・感染症治療研究所臨床微生物学教授
  • 南アフリカ・ダーバンにあるアフリカ健康研究所メンバー
  • タイム誌の「2020 年最も影響力のある100 人」に選出される
  • 2022年、「世界で最も影響力のある微生物学者」に選出
※フルバージョンの動画は次のスライドへ
Helene Clinic's cutting-edge technology and innovative approaches on MSC cultivation

Cambridge University's renowned professor in microbiology and infectious diseases, Ravindra Gupta, shared his insights on the potential of Helene's stem cells.

In a special interview, Gupta discussed the challenges and opportunities associated with culturing large quantities of MSCs (Mesenchymal Stem Cells), emphasizing the importance of maintaining purity and vigilance throughout the process. He commended Helene Clinic's efforts to achieve a cultivation of 22.5 billion MSCs, particularly highlighting the combination of multi-layered culture flasks, specialized "Helene growth medium," and stringent quality control measures to ensure the delivery of pure MSCs to patients.

Addressing concerns about tumor formation, Gupta reassured that due to the strict self-regulatory mechanisms of stem cells, the risk of them developing into cancer cells is minimal, and they may even reduce the risk of cancer occurrence.

Regarding the use of exosomes, Gupta expressed enthusiasm for their therapeutic potential. He emphasized the importance of exosomes in signal transduction and reducing inflammation, noting their compatibility across different patients due to minimal immune detection. Gupta also praised Helene Clinic's rigorous purification and testing methods for exosomes, ensuring quality and efficacy. He discussed the possibility of combining mesenchymal stem cell therapy with exosomes and envisioned a synergistic effect that could enhance treatment outcomes.

Overall, Cambridge University's esteemed professor commended Helene Clinic for its cutting-edge technology and innovative approaches, confirming its position at the forefront of stem cell therapy research and application.

TOPICS

  • 糖尿病

糖尿病|女性にとって更年期は要注意!なぜ発症リスクが増加してしまうのか..?

糖尿病は、世界中で増加している重大な健康問題の一つです。特に女性にとって、更年期を迎えることで糖尿病発症のリスクが高まることが知られています。この記事では、更年期女性が糖尿病リスクが高まる理由とその対策について詳しく説明します。   更年期とは? 更年期は、女性が月経を終える前後の数年間を指します。一般的には45歳から55歳の間に起こります。この時期には、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が減少します。このホルモンの変化は、身体と心にさまざまな影響を与えるため、更年期障害として知られる一連の症状を引き起こします。 更年期の症状は、ホットフラッシュ(顔
2024/06/13
  • 幹細胞治療

筋肉再生と疾患における幹細胞の老化:Helene Clinicの臨床応用

筋肉再生と疾患における幹細胞の老化:Helene Clinicの臨床応用 筋肉は、健康な体重の30-40%を占め、自発的な運動に不可欠です。成熟した筋肉は多核細胞で構成され、筋線維と呼ばれます。筋線維の形成は、筋幹細胞(MuSCs)から派生した筋前駆細胞の増殖、分化、融合に依存しています。これらの幹細胞は筋線維の表面に位置していますが、基底膜の下にあり、生後の筋肉の維持、成長、修復、再生に重要な役割を果たしています。 成人の静止した筋肉では、MuSCsは通常、分裂停止の静止状態にありますが、筋肉の損傷後には迅速に活性化されます。しかし、生理学的および時間の経過に伴い、MuSCs
2024/05/31
  • 幹細胞治療

幹細胞治療の利点:大量幹細胞治療の人体への恩恵

幹細胞治療は再生医療分野における革命的な方法として、多くの治癒が困難とされてきた疾患に希望をもたらしています。本記事では、幹細胞治療の利点、特に大量の幹細胞を使用する治療の優位性について探ります。 幹細胞治療とは? 幹細胞治療とは、幹細胞を使用して体内の損傷した細胞や組織を修復または置換する治療法です。幹細胞はさまざまな細胞タイプに発展する可能性を持ち、再生医療に多用途なツールを提供します。最も一般的に使用される幹細胞のタイプには、胚性幹細胞(ESC)、成人幹細胞(ASC)、および誘導多能性幹細胞(iPSC)があります。 幹細胞治療の利点 1. 組織の再生と修復 幹細胞治療の
2024/05/28

多言語対応(通訳者常駐)

日本語、英語、中国語、広東語、上海語、閩南語、フランス語、モンゴル語、ベトナム語、タガログ語、マレー語

STEMCELL 

幹細胞治療

幹細胞には、弱っている細胞を活性化し、

毎日減っていく重要細胞を増やしてくれる働きがあります。

幹細胞とは? 

MSCの原理 

疾患 

幹細胞治療のリスク 

治療効果の論文 

LICENSE 

再生医療計画厚労省受理

  • ABRM 認定クリニックの画像

    アメリカ再生医療学会
    日本支部

     
  • GCR認定証の画像

    Global Clinic Rating
    国際認証

     
  • ISO9001の証明書

    ISO9001取得

     
  • 特定細胞加工物製造届書

  • 陳旧性脳梗塞静脈投与受理書

  • PRP変形性関節症受理書

  • 歯周病受理書

  • 変形性関節症受理書

  • 動脈硬化静脈投与受理書

  • 頭皮脱毛症受理書

  • 顔外用投与受理書

  • 免疫老化投与受理書

  • 2型糖尿病投与受理書

  • 1型糖尿病投与受理書

  • 女性ホルモン失調静脈投与受理書

  • 顔への皮下投与受理書

  • 男性勃起障害受理書

  • 神経変性疾患受理書

  • 老人皮膚変化受理書

液体窒素で幹細胞を保存
幹細胞の採取直後
幹細胞1
MACS
幹細胞のチェック
細胞検査機器

FACILITY 

表参道細胞培養ラボの設備

細胞調整施設(CPC) 細胞培養は、厳格な管理のもと以下のような衛生管理下で実施されます。クリーンベンチ内はISOクラス5(クラス100)の清浄空気が供給されるので内部が清浄に保たれます。 細胞の増殖や管理を行うには、細胞調整施設(CPC)はかなり高い基準で微粒子数を減らし、細菌がいない無菌状態の部屋をつくらなくてはなりません。 また、高度な安全性を担保するために、細胞の入庫時にウィルス検査等を実施しています。 さらに検体の取り間違いを防止するためにバーコード管理(トレーサビリティシステム)また、すべての工程の履歴管理など厳しい品質管理体制を導入した細胞培養の運用管理体制を構築しています。

Sự khác biệt về mỡ tùy thuộc vào vị trí thu thập »

About Our Stem Cells Cultivation Technique and HELENE Medium »

关于我院的干细胞培养技术和培养基 »

FAQQ/A 

よくあるご質問

BEGGINNER'S GUIDE 

初めての方へ

SUPPORT 

安心サポート