加齢変化に対する治療

ガンにかかった院長が自ら実感!再生医学を駆使した幹細胞療法

幹細胞
松岡医師のガン手術翌日

arrow

幹細胞
幹細胞投与後

院長の松岡です。
実は私は2011年に甲状腺ガンを患いました。
手術後完治していますが、術後の体力活力を回復する為に幹細胞治療に取り組み始めました。
新しい治療で効果に未知な部分がありますが、全身作用性の細胞治療薬として価値を感じ、研究に注力しています。

幹細胞のホーミング理論によると、傷ついた細胞からSDF-1/CXCR4というSOSシグナルを出し、それを検知して損傷細胞に幹細胞が補修に向かいます。つまり「体の弱い部分に重点的に作用する治療」です。
健康状態に問題ない成人の場合には、症状化していない未病部分に組織修復に幹細胞が向かいます。

私の場合は、甲状腺ガン手術後の甲状腺ホルモン失調に対して幹細胞投与を行い、倦怠感・易疲労性・火照りなどに対して効果が抜群で、また頭の回転が早くなり記憶力や発想が10年ほど前に戻った感触があります(私本人の感想です)。

培養幹細胞とは

幹細胞とは分裂して自分と同じ細胞を作る(Self-renewal)能力(自己複製能)と、
別の種類の細胞に分化する能力を持ち、際限なく増殖できる細胞と定義されています。
当院では、培養技術力が高く安心の自己培養幹細胞が注入できます。 当院の細胞培養ラボでは生体環境に近い3D培養(最新技術)で自己幹細胞を急速培養します。
増やした自己幹細胞を増幅させて体内に注射で戻します。自己幹細胞培養の場合は、自己細胞ですので拒否反応が極めて低いと考えられます。凍結保存も可能です。

細胞培養の様子(顕微鏡写真)

幹細胞~培養開始2日目~
幹細胞培養2日目
採取した皮膚を砕いた細胞が散在。まだ増えていません。

arrow

幹細胞~培養開始7日目~
幹細胞培養1週間目
左下部分に黒い粒が増えて、細胞増殖している

幹細胞の効果

下の図のように赤ちゃんのときは幹細胞が多く、幹細胞が成長して体細胞にかわります。大人になると幹細胞は年齢とともに減少し、体の体細胞の新陳代謝を補えなくなります。自己由来(自己培養)の幹細胞を補えば、細胞減少に補充できるのです。

幹細胞を投与すると、ガン、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、高血圧、高脂血症、アルツハイマー、パーキンソン病、骨粗しょう症、アトピー、リウマチ(関節痛)、アンチエイジング(若返り)などの病気発症リスクの軽減が期待されます(海外臨床研究多数)。 投与された幹細胞は体内を循環し、痛んだ組織を見つけると、幹細胞自身が活性化し修復再生します。
さらに脳下垂体を刺激し、ホルモンバランスを健全化して新陳代謝のサイクルが元通りに代謝亢進します。
その幹細胞は自己複製し再生する能力があるので、皮膚組織に生まれかわり自然に昔に戻る最高のアンチエイジングとしても効果が期待されます。

当院のこだわり

表参道ヘレネクリニックの幹細胞再生医療は、自己培養幹細胞が中心となります。培養すると、自分自身の皮膚皮下脂肪の幹細胞を培養ラボで培養増殖させます。
再び自分の体に移植(静脈注射・皮下注射・外用)して戻す事が可能です。

当院の幹細胞治療チームは、幹細胞治療に詳しい松岡医師を中心にした医師団が協力して、安全に効果の高い治療を提供します。

drmatsuoka <松岡孝明 院長> 慶應義塾大学医学部卒、ハーバード大学医学部PGA所属、北京大学eMBA卒 アンチエイジング分野の幹細胞治療に詳しく、幹細胞療法5000例を超す治療経験がある。
phd.inoko <猪子英俊 東海大医学部名誉教授>
臓器移植、細胞移植に関わるHLA分野の権威で、当院では幹細胞移植で重要な移植免疫を指導。
1992年 東海大学医学部分子生命科学部門教授
2001年 日本組織適合性学会 会長(〜2005年)
2006年 東海大学医学部長(〜2010年)
現在  東海大学名誉教授

安全性・保管方法

専門の検査機関にて細菌検査・ウイルス検査を行ない、 安全性を確認しています。さらに、幹細胞マーカーを計測する事で幹細胞セル数も算定しています。
マイナス 196℃の液体窒素の入った専用タンクに保管します。これにより半永久的な保管が可能であると考えられております。液体窒素で20年間保管した幹細胞の有効性が報告されています。
当院で取扱う幹細胞は、採取基準、保存管理基準、衛生管理基準、品質管理基準に基づき、 細菌検査等の二重チェックを行い安全確認を何度も行っています。
再生医療実施施設の認定を厚生局を受けています。当院は厚生労働省の厳格な審査を通過し、受理されています。
・特定細胞加工施設
・培養間葉系幹細胞の投与(静脈投与、皮下注入、外用)
・培養間葉系幹細胞の膝関節内投与
・毛包由来幹細胞の毛髪再生治療
投与直前の濃縮幹細胞の写真です。
細胞数をカウントするフローサイトメトリーという検査機器を使用して、細胞数を計測しています。
実際の幹細胞移植は点滴にて投与します(所要約30分から1時間)


料金表

自己の培養幹細胞 細胞数(セル数) 詳細 診療費
Standard
培養期間7日
1億 ・不死化細胞培養料
・細胞採取料
・細胞保管料(5年)
移植コーディネータにご相談
Premium
培養期間7日
10億 ・不死化細胞培養料
・細胞採取料
・細胞保管料(5年)
移植コーディネータにご相談
CENTURION
培養期間7日
20億 ・不死化細胞培養料
・細胞採取料
・細胞保管料(5年)
移植コーディネータにご相談

詳細情報

治療以後の通院 不要です。
腫れ/赤み 局部注射の場合、2−3日程度内出血出る可能性あり
静脈注射の場合はハレ内出血は挿入部に極軽度あり。
カウンセリング当日の治療が可能ですが、混雑状況にもよります。
当日細胞採取まで可能です。
培養幹細胞移植は2週間後となります。
入院の必要性 必要ありません
麻酔 (培養の場合)皮膚細胞採取時に局所麻酔をします。
痛みがないよう、丁寧に採取致します。
メイク・洗顔 当日から可能です
洗髪シャワー 当日から可能ですが、患部を強く擦らないように注意してください。
激しいスポーツ 2~3日後から可能です
当日はお控えください

海外患者様の申込の流れ

img_1614 直接クリニックにお問い合わせください。
中国語・英語が話せる移植コーディネータが担当します。
自己培養幹細胞の場合、初診に来て頂き、細胞採取&血液検査を行います。2週間後以降に細胞移植可能です。

よくある質問(FAQ) (Q&A)

Q.幹細胞はリスクはありませんか?
A.細胞治療の一番のリスクはコンタミと呼ばれる細菌感染です。培養ラボでは細菌感染が起きていないか毎日感染症のチェックを欠かさず行っています。細胞品質の証明書もお渡ししています。

Q.幹細胞はどのようなところにあるのでしょうか?
A.幹細胞は全身に存在しています。脂肪幹細胞が率が多いと言われていますが、現在は培養技術が進歩したので、皮膚からでも同等以上の幹細胞を出せています。脂肪から採取するのは患者様に取って抵抗感が強いと思いますので、当院では皮膚採取にて行っております。

Q.がんになったとしたら、幹細胞療法を受けることができますか?
A.がんを治す効果は幹細胞治療にはありません。 ただ、がん組織やがん治療によって衰弱した部位や免疫力を補う為に、幹細胞療法を受けることができます。

Q.ホーミング効果って何ですか?
A.ホーミングとは、ある特定の生理学的な現象を必要とする離れた場所に移動する効果のこと。体内に放出された幹細胞が、自動的に再生を必要としている場所を見つけだす効果を「ホーミング効果」と言います。
静脈内から投与された幹細胞は、末梢血循環器系に入る→リンパ・末梢血を通じて損傷部位に到達→血管内皮に接着し、組織に浸潤増殖し目的の細胞へと分化する

Q.幹細胞は病気の予防に役立つのでしょうか?
A.症状がない状態でも、組織的には病気になっていることがあります。「未病」を見つけ、幹細胞は障害を受けた組織に到達して修復する働きをします。 自覚的に健康な方が受ける場合は、「未病」退治が主な効果になると思います。

Q.幹細胞は、健康に役に立つのでしょうか?
A.西洋医学は薬や手術などで治療を行いますが、東洋医学は自然治癒力を生かそします。 幹細胞はこの東洋医学の西洋版ともいえるもので、体の中の異常な部分を正常に治します。そして自然治癒力を活性化させ、病気に対する抵抗力も上げ、からだの内外から健康にしてくれます。

Q.幹細胞療法を受ける場合、詳しい説明を聞けますか?
A.幹細胞療法を受ける際に大事なことは、医師の説明をきちんと受け、分らないことがあれば質問して、よく理解し、納得がいったうえで行うことです。 また治療に習熟した施設で行う事も大切です。

Q.培養幹細胞療法はどのくらいの時間がかかりますか?
A.培養幹細胞療法を受けるには、採血して皮膚組織をとり、その中に存在する幹細胞だけを取りだし培養します。培養には1週間ぐらいかかり、それ以降幹細胞投与が可能になります。点滴投与の場合は2時間ほどかけてゆっくり落として行きます。

Q.治療は痛いですか?
A.(自己培養の場合)皮膚採取は局所麻酔で行えますので歯医者さんの治療程度だとお考えください。採取する皮膚は5mm程度で、1ヶ月もするとどこを取ったのかもわからなくなるほど馴染みます。

Q.手術をしたあとは、どのようにケアすればいいですか?
A.手術後はすぐに帰宅でき、傷も小さく、当日からシャワーも可能になるので、普通に日常生活ができます。 私たちのグループでは、傷の心配や痛みなどに対してケアし、電話連絡などでもフォローをしているので心配ありません。