FAQ

よくあるご質問

Q

効果が出るまでどのくらいの時間がかかりますか。

A

3ヵ月~6ヵ月で結果がでます。

Q

採血前の食事制限は必要ですか。

A

食事制限は必要ありません。

Q

幹細胞はどのようなところにあるのでしょうか?

A

幹細胞は全身に存在しています。脂肪幹細胞が率が多いと言われていますが、現在は培養技術が進歩したので、皮膚&皮下脂肪からでも同等以上の幹細胞を出せています。
脂肪吸引するのは患者様にとって抵抗感が強いと思いますので、当院では皮膚皮下脂肪採取にて行っております。

Q

不妊症には効きますか? 卵巣の若返りは?

A

卵巣に直接効かせる治療ではありませんので、不確定な部分は大きいですが、卵巣の若返り&女性不妊症に対して治療を行うことは可能です。

Q

年をとっても幹細胞療法は受けられますか?

A

皮膚皮下脂肪由来の幹細胞を採取・培養して投与するので、幹細胞を増やして多くをからだに戻すことができるので、年をとってから幹細胞療法を行うのは体の活性化に一定の効果が期待されます。
また、年齢とともに組織の減弱から起こってくる病気が多くなってきます。当院では加齢による疾患の治療目的で幹細胞治療をご案内しています。

Q

ガンになったとしたら、幹細胞療法を受けることができますか?

A

ガンを治す効果は幹細胞治療にはありません。
ただ、ガン組織やガン治療によって衰弱した部分を補う為に、幹細胞療法を受けることができます。
体の活性化と残存ガンと戦う力が増すことが期待できるのです。

Q

幹細胞はガンになるかもしれないと聞きましたが、どうなんでしょうか?

A

幹細胞を培養するとガンになるかもしれないと発表していた3つの研究グループより、後に「幹細胞は培養してもガン化しない」と論文が発表されています。
http://www.sciencemag.org/content/329/5995/1004.short

Q

ホーミング効果って何ですか?

A

ホーミングとは、ある特定の生理学的な現象を必要とする離れた場所に移動する効果のこと。体内に放出された幹細胞が、自動的に再生を必要としている場所を見つけだす効果を「ホーミング効果」と言います。
静脈内から投与された幹細胞は、末梢血循環器系に入る→リンパ・末梢血を通じて損傷部位に到達→血管内皮に接着し、組織に浸潤→増殖し目的の細胞へと分化する

Q

幹細胞療法を受ける場合、詳しい説明を聞けますか?

A

詳しく説明いたします。
幹細胞療法を受ける際に大事なことは、医師の説明をきちんと受け、分らないことがあれば質問して、よく理解し、納得がいったうえで行うことです。

Q

培養幹細胞療法はどのくらいの時間がかかりますか?

A

培養幹細胞療法を受けるには、採血して皮膚組織をとり、その中に存在する幹細胞だけを取りだし培養します。培養には1か月ぐらいかかり、それ以降幹細胞投与が可能になります。点滴投与の場合は40分~60分ほどかけてゆっくり落として行きます。

Q

治療は痛いですか?

A

皮膚採取は局所麻酔で行えますので歯医者さんの治療程度だとお考えください。採取する皮膚は3mm程度で、1ヶ月もするとどこを取ったのかもわからなくなるほど馴染みます。

Q

手術をしたあとは、どのようにケアすればいいですか?

A

施術後はすぐに帰宅でき、傷も小さく、当日からシャワーも可能になるので、普通に日常生活ができます。私たちのグループでは、傷の心配や痛みなどに対してケアし、電話連絡などでもフォローをしています。

幹細胞に関する臨床論文

糖尿病

Immunomodulation by Mesenchymal Stem Cells A Potential Therapeutic Strategy for Type 1 Diabetes
Therapeutic efficacy of umbilical cord-derived mesenchymal stem cells in patients with type 2 diabetes.
Mesenchymal stem cells in health and disease
Concise review: Mesenchymal stem cell treatment of the complications of diabetes mellitus.
Mesenchymal Stem Cell Therapy in Diabetes Mellitus: Progress and Challenges
Mesenchymal stem cell-based treatment for microvascular and secondary complications of Diabetes mellitus
Mesenchymal Stem Cell-Based Therapy for Type 1 Diabetes

アルツハイマー・痴呆・脳神経への作用、脳の再生

ヒト脂肪由来間質系幹細胞によるアルツハイマー病治療の可能性
Alzheimer’s Disease and Stem Cell Therapy
Human adipose tissue-derived mesenchymal stem cells secrete functional neprilysin-bound exosomes
Adipose-derived mesenchymal stem cell transplantation promotes adult neurogenesis in the brains of Alzheimer’s disease mice

心筋梗塞への作用、心筋再生

Human Umbilical Cord Mesenchymal Stromal Cell Transplantation in Myocardial Ischemia (HUC-HEART Trial). A Study Protocol of a Phase 1/2, Controlled and Randomized Trial in Combination with Coronary Artery Bypass Grafting.

血液疾患への作用

Umbilical cord blood transplantation supplemented with the infusion of mesenchymal stem cell for an adolescent patient with severe aplastic anemia: a case report and review of literature.

SLEなど免疫系への効果

Allogeneic mesenchymal stem cell transplantation in severe and refractory systemic lupus erythematosus: 4 years of experience.
Regenerative Therapy and Immune Modulation Using Umbilical Cord Blood-Derived Cells.
Umbilical cord mesenchymal stem cell transplantation in severe and refractory systemic lupus erythematosus.

肝臓の再生

Useful properties of undifferentiated mesenchymal stromal cells and adipose tissue as the source in liver-regenerative therapy studied in an animal model of severe acute fulminant hepatitis.

頭髪(薄毛、白髪)への作用

Mechanisms of Hair Graying: Incomplete Melanocyte Stem Cell Maintenance in the Niche

男性機能(勃起、持続力など)への作用

Advances in Stem Cell Therapy for Erectile Dysfunction
Gene and stem cell therapy for erectile dysfunction (Nature)

膝軟骨の再生

Therapeutic Potential of Differentiated Mesenchymal Stem Cells for Treatment of Osteoarthritis.

卵巣の再生

Human umbilical cord mesenchymal stem cell transplantation restores damaged ovaries.
Stem Cells Transplantation in Premature Ovarian Failure

心筋梗塞への作用、心筋再生

Human Umbilical Cord Mesenchymal Stromal Cell Transplantation in Myocardial Ischemia (HUC-HEART Trial). A Study Protocol of a Phase 1/2, Controlled and Randomized Trial in Combination with Coronary Artery Bypass Grafting.

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×

×

×

×

×

×

×

×
×
×
×
×
×

×