コロナ後肺線維化に効くと報告のあった幹細胞液を吸入してみた。

Dr幹細胞の松岡です。

UAEや台湾で、幹細胞溶液を吸入し、コロナ肺炎の治療を行う方法が試されています。
中国では間葉系幹細胞を点滴投与し、コロナ肺炎の消沈に成功した例も多数でています。

当院では、コロナ対策として、
 1)コロナ抗体検査
 2)幹細胞溶液の吸入処方
両方とも、オンライン診療で病院に行かずに検査可能です。

2)は耳鼻科で吸入したことある方ならよく慣れた投与方法ですが、
溶液を蒸気化させ鼻から吸入すれば、鼻粘膜より吸収されるという
侵襲の全くない治療法です。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000183130.html

UAE(アラブ首長国連邦)はヒトの血液から採取した幹細胞を利用した新型コロナウイルスの画期的な治療法を開発したと発表しました。

 UAEの研究施設「アブダビ幹細胞センター」が開発した治療法は、新型コロナウイルスに感染した患者の血液から採取した幹細胞を活性化させ、霧状にしたうえで肺に吸入させます。治療を受けた患者73人全員が回復し、副作用もなかったとしています。活性化した幹細胞の吸入によって肺の細胞が再生し、また、過剰な免疫反応も抑制されることで治療効果が期待されるとみられています。この治療法はすでに臨床試験の第1段階を通過していて、有効性を実証するためのさらなる試験が今後、数週間の間に完了する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です