幹細胞のお話し / 什么是干细胞?

【日本語】幹細胞はどんな細胞ですか?

人体は受精卵の分裂を繰り返しをして構成されており、成人した人体は約37兆個の細胞で構成されています。 その中には、人間の体を動かす筋肉、骨、血管、皮膚などの細胞や、血液の循環や代謝などに必要な細胞があります。 常に更新されている細胞や、怪我や病気でダメージを受けた細胞などがあります。 これらのアポトーシスやダメージを受けた細胞を補充できるのが幹細胞です。
幹細胞には、自分と同じ自己複製細胞に分裂する能力と、必要とされる他の細胞に分化する能力の2つの機能があります。 幹細胞は大きく分けて2つに分類されます。 まずは「組織幹細胞」であり、組織や臓器に存在し、次のような特定の機能を果たす細胞を継続的に作り、提供していくことになります。 例えば、造血幹細胞は血液関連の細胞を作るためにしか分化できないのに対し、神経幹細胞は血液関連の細胞を作るためにしか分化できない。 神経関連の細胞を作るためだけに分化することができます。 それぞれの細胞には、それぞれの役割があります。 もう一つの細胞は、「多能性幹細胞」であります、ES細胞(胚性幹細胞)のように振る舞うことができ、分化して体内のあらゆる細胞を作る幹細胞。 つまり、多能性幹細胞は、私たちの体のあらゆる組織幹細胞を作り出すことができるのです。
多能性幹細胞の働きにより病気やケガなどで臓器や機能が損なわれていても、どんな細胞でも作れるので幹細胞自体を作ることも可能です。 また、新しい細胞を再生することも可能です。 京都大学の山中教授は、多機能iPS細胞の創製でノーベル賞を受賞し、注目を集めています。 誘導多能性幹細胞)を用いて、胚性「ES そんな「ES細胞」。 しかし、胚からのES細胞の使用については、腫瘍性の可能性などの安全性の問題や倫理的な懸念があるため、広く使われるようになるまでには研究が必要な部分もあり、日本の厚生労働省はまだiPS細胞やES細胞を治療に使うことを開放していません。

組織幹細胞は、多くの医療機関で再生医療に利用されている幹細胞です。 組織幹細胞は多能性幹細胞のように何でもできるではできませんが、ヒトの脂肪は間葉系幹細胞に由来するため、幹細胞の分化能力を持っています。 軟骨、骨、脂肪、神経などの組織に分化ができます。 国内外での臨床研究により、それはまたより一般的な適用シナリオが反老化であるより複雑な条件を軽減するのに使用することができます、予防目的のための治療ができです。

治療の効果は?
再生医療では、ヒト脂肪由来の間葉系幹細胞を用いた幹細胞治療が一般的に行われています。 まず、自己細胞を採取し、麻酔後、耳の穴の後ろと下に直径3~5mm程度の皮膚組織片を採取します( 皮下脂肪細胞)を培養した後、専用のCPC(細胞培養施設)で約4週間培養し、最後に増殖した幹細胞を点滴や皮下注射で体内に戻します。 幹細胞は、ホーミング効果で全身の信号を探して受信し、幹細胞が不足している地域では老化が起こります。 と同様に、損傷した部位を修復するためにその部位に必要な細胞を分化させる。 幹細胞治療とは、簡単に言えば、不快な部分に新しい細胞を補充して、劣化した機能を修復して再び再生させることです。

脂肪由来MSC療法のメリット 1.安全性の高さ:ヒトの脂肪原因MSC療法では、以下のような特徴を利用して行ってます。 拒絶反応や副作用の可能性は、自分で作った幹細胞のため大幅に軽減されます。 現段階では発がんの報告もなく、当院で培養した幹細胞に発がん性があると第三者検査機関が認定した報告書を発行しています。 幹細胞には腫瘍性の問題はありません。 2.体への負担が少ない:当院では、耳の穴の奥から下の脂肪細胞を少量ずつ取る方法を採用しており、腹部よりもダメージも少なく効果的です。 外傷は、体への負担がはるかに少ない方法で取られています。 幹細胞輸液は、培養した幹細胞を点滴や皮下注射で体内に注入し、その日のうちに行います。 入院の必要はありません。更年期の症状や関節、血管、皮膚などにアンチエイジング効果があります。また、脳梗塞、脊髄損傷、糖尿病、腎臓、心臓などの病気にも効果があります。

間葉系幹細胞療法のデメリット 1. 幹細胞は専用の培養室で培養するため、コストがかかります。
2.限られた分化能力 多機能幹細胞とは異なり、組織幹細胞は限られた数の細胞にしか分化できないため、様々な用途に利用できます。 治療の範囲は限られています。
3.新しいタイプの治療法新しいタイプの治療法なので、将来的に予期せぬ出来事が起こる可能性を完全に排除できるとは言えません。 個人の体調にもよりますし、誰でも受けられるわけではありません。
クリニック選びは慎重に 幹細胞療法の脂肪にも他の治療と同様にメリット・デメリットがあります。 治療の効果を最大限に引き出し、できるだけ事故を起こさないようにするためにも、クリニック選びは慎重に行うことが大切です。 再生医療の治療を行う施設には厳しい基準があり、厚生労働省が求める基準をすべて満たし、厚生労働省の認可を受けなければなりません。 クリニックが発行したプランの許可を得て初めて治療を開始することができます。 そのため、治療を受ける前には必ず信頼できる医療機関で診察を受けるようにしましょう。



【中国語】什么是干细胞?
人体是由一个受精卵不断重复分化及分裂的过程,成人人体约由37兆个细胞所组成。其中有维持人体机体活动的肌肉、骨头、血管和皮肤细胞,也有像血液循环和新陈代谢这样需要不断更新的细胞,以及因受伤或疾病而受到损伤的细胞。而能够对这些凋亡的或受到损伤的细胞起到补充作用的,就是干细胞。
干细胞有两个功能,即能够分裂出与自己完全相同细胞的自我复制功能,以及分化成其他所需的组织细胞的分化功能。干细胞大致可以分为两大类。一是「组织干细胞」,组织干细胞会存在于组织或脏器内,不断制造及提供特定功能的细胞,如表皮细胞或是血球。其分化是有局限性的,举例而言,造血干细胞只能分化制造出血液相关的细胞;而神经干细胞的话,就只能分化制造出神经相关的细胞。每个细胞都有自己的角色分工。另外一种则是「多能干细胞」(Pluripotent Stem Cell),可以像ES细胞(胚胎干细胞)一样,分化制造出人体任何细胞的干细胞。也就是说,多能干细胞可以造出我们体内的各种组织干细胞。

多功能性干细胞
如果任何细胞都可以制造的话,哪怕是因疾病或受伤导致的脏器和机能受损等情况,也可以实现新的细胞再生。京都大学山中教授获得诺贝尔奖而备受瞩目的人工制造多功能性干细胞「iPS」细胞(induced Pluripotent Stem Cell),以及使用了胚胎的「ES细胞」就是这样的存在。但是因为可能出现成瘤性等安全性问题,以及使用胚胎的ES细胞还存在伦理性等问题,所以在普及之前还需要做一定的课题研究,目前日本厚劳省亦未开放iPS细胞及ES细胞应用于治疗中。
组织干细胞
目前很多医疗机构于再生医疗所使用的干细胞,就是组织干细胞。组织干细胞不像多能性干细胞那样可以生成任何干细胞,但是因为人体脂肪由来间充质干细胞有可以分化为软骨、骨头、脂肪及神经等组织的分化能力。经过海内外多年的临床研究,其也可以用于缓解较复杂的病症,其中較常见的应用场景就是抗衰老的预防治疗。
如何进行治疗呢?
使用人体脂肪由来间充质干细胞治疗,是再生医疗中常用的干细胞疗法。首先是采取自体细胞,打过麻药后在耳窝后面下方处采取一块直径约3-5毫米的皮肤组织(包含了皮下脂肪细胞),之后在我院专门的CPC(细胞培养设施)进行为期4周左右的培养,最后通过静脉点滴或皮下注射的方式将增殖后的干细胞回输至体内。干细胞通过归巢效应的作用在全身进行搜索、接收信号,在干细胞匮乏的部位、发生老化的部位以及损伤的部位分化出该部位需要的细胞,对受损部位进行修复。简单来说干细胞治疗法就是为身体不适的部位补充新的细胞,使其衰退的机能得到修复,再次焕发青春。
脂肪由来间充质干细胞疗法的优点
1.高度的安全性
人体脂肪由来间充质干细胞疗法是使用自身的干细胞,可以大幅降低排斥反应和副作用的可能性。现阶段还没有关于其会产生癌化的事例报告,第三方检验机构亦出具报告书证明由我院培养的干细胞不会有成瘤性的问题。而且间充质干细胞属于组织干细胞,既没有ES细胞的理论性问题,又无需像IPS细胞进行遗传因子的操作。
2.身体负担较小
我院使用的是从耳窝后面下方处采取少量脂肪细胞的采取方式,相较于腹部创口的采取方式,对身体造成的负担减轻许多。干细胞回输时是通过静脉点滴或皮下注射的方式将培养后的干细胞回输至体内,当天便可完成回输手续,无需住院。
3.效果可期
※对更年期症状,关节,血管,肌肤等具有抗衰老效果。
※对脑梗塞后遗症,脊髓损伤后遗症,糖尿病,肾脏及心脏等疾病也有一定的改善作用。
脂肪由来间充质干细胞疗法的缺点
1.费用较高
属于自由诊疗范畴,不可使用保险证,又因是在专门的培养室进行干细胞培养,所以费用较高。
2.分化能力有限
不同于多功能性干细胞,组织干细胞可以分化的细胞类型是有限的,因此适用的治疗范围有限。
3.新型治疗法
因为是新型的治疗方法,所以将来发生超出预想之外事情的可能性不能说完全没有。因个人身体状况而异,并非所有人都可以接受治疗。

请慎重选择医疗诊所
脂肪由来干细胞疗法同其他的治疗法一样,都有利有弊。为了最大限度地发挥治疗的优点,尽可能地避免发生意外,需要慎重选择医院。实施再生医疗治疗有严格的设施标准,必须达到厚生劳动省要求的各项标准,并取得厚生劳动省颁发的计划书许可,才可以开始实施治疗。所以请务必在可信赖的医疗诊所先进行咨询后再接受治疗。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です